国家 公務員 倫理 法。 国家公務員倫理法 / National Public Service Ethics Act

💋 以下同じ。

11

✍ 2 防衛庁長官は、防衛施設庁長官が前項の懲戒処分を行った場合において、特に必要があると認めるときは、審査会の意見を聴いて、防衛施設庁長官に対し、当該懲戒処分の概要の公表について意見を述べることができる。 )に関し必要があると認めるときは、当該調査の対象である職員に出頭を求めて質問し、又は同項の規定により指名された者に、当該職員の勤務する場所(職員として勤務していた場所を含む。

💓 第十一条第一項中「第百五条まで」の下に「又は国家公務員倫理法(平成十一年法律第百二十九号)」を加える。

🌭 3 会長又は前項に規定する委員以外の委員の任期が満了し、又は欠員を生じた場合において、国会の閉会又は衆議院の解散のために両議院の同意を得ることができないときは、内閣は、第一項の規定にかかわらず、同項に定める資格を有する者のうちから、会長又は前項に規定する委員以外の委員を任命することができる。 また、会費を支払って同窓会に出席し、利害関係者である友人と共に飲食し、その費用が1万円を超える場合であったとしても、学生時代の友人は「私的な関係」に当たるので、倫理監督官への届出は必要ありません。

1

🙌 7 When the head of the specified incorporated administrative agency determines officials at the rank of assistant director or higher at the headquarters, officials of designated service or higher, or officials at the rank of deputy director general or higher at the headquarters in the specified incorporated administrative agency pursuant to the provisions of item 5 of paragraph 2, item 4 of paragraph 3 or item 3 of paragraph 4, the head shall publicize the scope. )」と、「第百条第四項」とあるのは「第百条第四項(第十七条の二の規定により権限の委任を受けた国家公務員倫理審査会が行う調査に係るものを除く。 )の規定の失効前にした行為、この法律の施行後附則第42条第1項の規定によりなおその効力を有するものとされる旧公社法第71条及び第72条 (第15号に係る部分に限る。 公務に対する国民の信頼を確保するため、国家公務員に適用される倫理基準について定める法律。

🙄 ) 5 第一項、第二項及び前項に定めるもののほか、地方警務官についてのこの政令の規定の適用については、第二条第一項第二号中「補助金等((昭和三十年法律第百七十九号)第二条第一項に規定する補助金等をいう。 首相官邸HPより 厚労省の統計不正問題に注目が集まっている今国会。 )、第36条から第43条まで、第47条、第50条及び第51条の規定、附則第59条中協同組合による金融事業に関する法律 (昭和24年法律第183号)第4条の4第1項第3号の改正規定、附則第70条、第85条、第86条、第95条及び第109条の規定、附則第112条中金融機関等の更生手続の特例等に関する法律 (平成8年法律第95号)第126条の改正規定、附則第120条から第122条までの規定、附則第123条中産業活力再生特別措置法 (平成11年法律第131号)第12条の8第3項及び第12条の11第7項の改正規定、附則第125条の規定並びに附則第129条中会社更生法 (平成14年法律第154号)第205条第4項及び第214条の改正規定は、公布の日から起算して1年を超えない範囲内において政令で定める日 (以下 「一部施行日」という。

7