いすゞ みまもり くん ログイン。 MIMAMORI

✌ ) KDDIの小野寺社長(右)といすゞの井田社長 KDDIの小野寺正代表取締役社長兼会長は、「環境に貢献するためにも法人向けモバイルソリューションを展開していく」と述べる。

7

😙 ・ 通信端末とディジタル式運行記録計(通称「デジタコ」)機能を一体化した新型車載機「みまもりくんコントローラー(以下、コントローラー)」を採用し、簡単な操作を可能にしました。 車内では、新コントローラーの液晶ディスプレイに表示され、事務所のパソコンでは、車両毎に送信したメッセージの既読状況を確認できます。

💔 でも、プロのドライバーが求めていたのは「より安全で確実な運転」をサポートしてくれるシステムだったのだ。 管理者画面ではほぼ正確な走行車両の位置情報や走行状態が分かり、ドライバーにメールを送信できる。 海外へのMIMAMORI、PREISMの推進は国によって車の装備や使用環境が異なるため、現地ディーラーのバックアップ体制の構築が必要となる。

20

🚀 また、「省燃費運転レポート」とドラレコの映像を解析して、ドライバーの運転指導にも活用しています。 また長期間の運行の際に、車両が事務所に戻らなくても運行解析ができる。

17

🤗 みまもりくんオンラインサービスには、3つの「運行ごとのレポートサービス」と5つの 「リアルタイムなお知らせサービス」があります。

20

⚐ 5 外部機器およびソフトとの連携 今回、ETC(デンソー製の指定型式)、カーナビ(パイオニア製の指定型式)および業務ソフト(ナブアシスト社のNavisia(ナヴィシア)運送販売システム)と連携できるようになりました。 デジタコに求められる機能を一通り網羅しているほか、ドライバーに環境にやさしい運転を身に着けてもらうためのエコドライブトレーニングや、指定エリアを外れた場合に注意喚起するジオフェンス入出お知らせサービスなど、ユニークながら業務に役立つ機能を幅広く備えています。 。

☺ ハードウェアは製で、としての機能も備えており、法定三要素のほか、の庫内温度管理、運行記録データの連動、と連携したロードサービス救援依頼機能などを備える。 将来的に想定する課題、強化していきたいポイント データ分析の進化による予兆検知のさらなる向上、お客様への価値の提供、第5世代移動通信システム 5G への対応検討 将来に向けて考えられる行動 現在実施中のタイ、インドネシア、UKから展開国を拡大 連携を含めた強化分野 今後検討. また追加機能として、事務所のPCから車両にメッセージを送る機能や、部品の交換時期を自動で判断し、車両と事務所に通知する機能、運転者によるパスワード入力がない場合、管理者に盗難の可能性を通報する機能、車両のキーがオフの状態でも位置確認ができる機能、ETC(デンソー製の指定型式)、カーナビ(パイオニア製の指定型式)および業務ソフト(ナブアシスト社のNavisia運送販売システム)との連携機能なども用意した。 その差が大きい場合は何が違うのかを分析し、ドライバーに対して適切な指導を実施するようになりました。

☏ センター側で常に最新の情報に更新するので、ソフトが陳腐化してしまう心配も有りません。

13

👏 セキュリティ機能は、エンジン始動前に管理者が設定したパスワードをコントローラーに入力するもので、入力エラーが起きると管理者のPCや携帯電話メールに盗難の可能性があると通報する。 燃料消費量はもちろん、アクセルの踏み方、ギア段の使われ方、ブレーキ操作状況など詳細な運転操作データが収集できます。

16