挨拶 文 コロナ。 12月に使う季節・時候の挨拶

🤭 (お手紙と言っても手書きではなく、負担にならないように自宅で適当な便せんにプリントアウトして持っていきました。

🙄 季節の移ろいと相手への配慮を表す時候の挨拶を用いることで、事務的なメールや手紙が気持ちのこもったものとなり、相手が受け取る印象も変わってくるだろう。 時候の挨拶の例 ( 下記を参考に、時候の挨拶は自分の言葉で) 1月 厳寒の侯 お正月気分も抜けてますます寒さが厳しくなってきました。 またコロナが終息した際には、改めてご挨拶に伺います。

12

🤫 現在弊社では、新型コロナウイルスの影響により、お取引先様との接触を控えるよう通達がございました。 加えて、今後の新型コロナウイルス感染症の拡大状況及び政府の方針によっては、その時の事情に従った対応が必要になるものと思われます。

😩 ご意見ご要望が御座いましたら、お気軽にお寄せください。 できる限り応えるよ。

1

⚒ 本記事では、12月らしい季節の挨拶を取り入れた手紙の書き方や、ビジネスシーンで流用できる文例についてご紹介します。 そして2021年の年賀状につい書いてしまいそうになる「コロナ禍」という言葉ですが、これも忌み言葉になります。

🖖 ご利用者様・ご家族様におかれましては、大変ご不便をおかけいたしますが、大切なご利用者様を感染から守るため、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

⌛ 例えば「拝啓」で書きはじめる場合は結語「敬具」で結ぶのが決まりです。 文例 シチュエーション:独身の友人関係で、片方が在京・片方が地方住まい。 また、発熱(37. 以上 新型コロナウィルスへの対応について(お願い例文) 令和〇年 〇月 お客様、ご家族各位 株式会社 〇〇 新型コロナウィルスへの対応について(お願い) 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

4

👈 ・ご多用の折、誠に恐れ入りますが、ご都合をお聞かせ願えれば幸いです。 でも通常は「心配な人」「平気な人」がどちらもいる事を想定して、無難な方法を選んだ方が良いかと思います。 ・拝啓 入梅の候(みぎり)、貴社一段とご繁盛の段、大慶に存じます。

15