タイソン ダグラス。 タイソンに勝った時のダグラスはラリー・ホームズのようなボクシングをやって...

💕 ある通信社は「ボクシング史上最大の番狂わせ」と速報を打電した。 10回、ダグラスがKO勝ちすると、ホリフィールドが再びこちらを向いたが、記者と同じように口をあんぐり開けていた。 振り向いた彼は、人さし指を口に当てた後、リングを指さし「まだ終わっていないよ」。

18

😄 息を吹き返した挑戦者は10回、右アッパーでタイソンをグラつかせると、連打から強烈な左でダウンを奪った。

13

🤫 2秒ぐらいのタイミングだ。

19

📱 息を吹き返した挑戦者は10回、右アッパーでタイソンをグラつかせると、連打から強烈な左でダウンを奪った。 、2度目の引退。

📲 私のでっぷりとしたおなかをさすってくるなど、日本人記者ともスキンシップをとった2年前のように本来の明るいタイソンが戻ってきたと思ったのもつかの間、翌日からピリピリモードが再開した。 本来、ダウンしてから11秒も経過していたのに、試合は続行となった。 タイソン戦でのダグラスは、自分本来の持ち味とスタイルに忠実に戦いました。

7

🤜 ダグラス戦の8回、タイソンがダウンを奪うと、私は「勝った」と思い、リングサイドへ猛ダッシュ。

11

🤣 ドン・キングと手を組んだ事、ケビン・ルーニーの解雇、一連のスキャンダルは タイソンの精神面を少しずつおかしくさせていたと思います。 テニス [2月14日 14:28]• ジェームス・ダグラス 基本情報 本名 ジェームス・ダグラス 通称 バスター(Buster) 階級 身長 192cm リーチ 211cm 国籍 誕生日 1960-04-07 (60歳) 出身地 スタイル プロボクシング戦績 総試合数 46 勝ち 38 KO勝ち 25 敗け 6 引き分け 1 無効試合 1 ジェームス・ダグラス( James Douglas、 - )は、の。 1988年3月21日の、最初の来日戦では、元WBA王者トニー・タッブス(米国)に2回KO勝ち。

⌛ 89年2月25日に8カ月ぶりの防衛戦でフランク・ブルーノ(英国)に5回TKO勝ちしたが、強打を浴びてぐらつくなど精彩を欠いた。

🌭 もしかしたらタイソンに起き上がってもらい試合を続行させたいという心理がメイラン氏にも働いたのではないだろうか。 体重も300ポンド(136キロ)まで増えたと聞いた。 当日のリングサイドにはタイソンを擁するドン・キング・プロモーター、WBCのホセ・スライマン会長といっしょに現米国大統領ドナルド・トランプ氏の姿があった。