フロイト 防衛 機制。 防衛機制とは、葛藤から自我を守る方法

😊 例を挙げてみましょう。 19世紀末に S. 精神分析の中心概念の一つ。 なぜなら、しまい込まないと苦痛だからです。

3

☎ その 無意識の倉庫にあるものは、まぎれもなく自分自身のものでありながら、思い出したくないものです。

4

😚これが無意識的にいき過ぎて行われると「抑圧」になります。 超自我は、 自我に対する裁判官(検閲機関)または理想像の役割をもつ。

6

👍 防衛機制 防衛機制は、自我に危険を及ぼす存在から心理的な安定を保つために用いられるさまざまな心理的作用になります。 自我とは言わば「こころ」です。 他のことに集中して問題に向き合おうとしません。

5

💙 例えば、直視できない苦しい経験をなかったことにする、嫌なことからは目をそらし、忘れてしまう。

4

🤙 自分の本当の感情、思考、欲求を認めたり、表現したりすると、現実的に抵抗や攻撃がある場合、その人の一部と一緒になって、身を守ろうとする。 【例】 ・食べられなかったケーキを考えて、「カロリー高そうだし、糖尿病になりそうだから、食べなくて正解」と思い込む。

12