えい らく 18 話。 🔥瓔珞(エイラク)|16話・17話・18話あらすじ・ネタバレ感想|寧馨

🤔 ついに李玉は繍坊へ・・しかし「腹に一物ある女官だ」という言葉を聞いた瞬間、瓔珞だと分かった張女官は、衣運びを手伝わせ、瓔珞をその場から逃がす。 ことが一段落し長春宮を出ようとする乾隆帝を明玉が呼び止める。 乾隆帝を思い気落ちする皇后。

12

👀 主人公・魏瓔珞のモデルとなったのは、最盛期の清朝を治めた乾隆帝の時代(在位1735~1795年)、数多い妃嬪の中で最も寵愛されたと言われる実在の女性で、のちの孝儀純(こうぎじゅん)皇后となる人物。 それならば陛下に見初めら妃嬪になれば瓔珞より幸せだと明玉は言う。 香り袋をつけた海蘭察を見た明玉は、自分が作ったのだから返せと揉み合いになる。

15

☯ 瓔珞は頭の回転が早いようです! その夜、妃嬪たちが集まっている様子だが、体調のよくない純妃と愉貴人がいない。 瓔珞は罪を認め「高貴妃様を陥れました」と話す。

6

🙌 食事をしていた愉貴人は故郷のバウルサクという甘いおやきがとても気に入って毎日3枚も食べるのだと話す。 捜索はついに繍坊にも及び…。 息子の招いたことだとあっさり引き下がる裕太妃だが、その目は鋭く瓔珞を睨みつけていた。

2

👣 これを機に傅恒に接近する瓔珞だが、彼の清廉さに触れるにつれ、次第に2人は惹かれ合っていく。

5

🎇 乗り込んでくる乾隆帝を止めようとわざとぶつかり水をかけた瓔珞は、外で跪いている。 慈悲深いと知られる裕太妃は、実は鬼のような心を持つ恐ろしい人物だった。

13

⚔ 方女官がなぜ瓔寧の物を持っているのでしょう? その帯飾りを先輩の氷清に聞くと「繍坊の女官だった阿満が作ったものだ」と言い、阿満という人物は罪を犯して追い出されたと話す。

1

👆 一方、永そうを溺愛する乾隆帝に不安になる純妃を使って世継ぎ争いを仕掛ける嫻貴妃。 すると「皇后様が公正を欠くようならば、後宮の主として能力を皆に疑われるでしょう」と傲慢な態度の高貴妃。 瓔珞は 爾晴 じせいに言われ、明玉を盲目の物乞いに見立て笑いを誘った。

6

☕ Contents• モデルは。 【瓔珞 エイラク 紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃】ネタバレ17話・18話 Dramas Note. 皇后は間もなく出産が迫る愉貴人を長春宮に招き世話をすると言い出す。

10