さっちゃん 僕 は。 さっちゃん、僕は。ネタバレ[34話]さっちゃんへの手紙。前に進めない京介

🌭 そして、そんな中であった紫乃は要にとって絶対に失敗出来ない、 今度こそ自分で選び成功させてみせる、そんな女性だったのです・・・。 彼女と別れただけだと、京介は答えます。 よろしく」 そう言って、京をにらむ美鈴。

15

👌 京介の噂について、美鈴は尋ねます。 そしてさらに時は経ち…。 【3】 朝賀庵 片桐京介はこれまで自分が浮気をしていたことを遠恋中の恋人・小山内早智に告げ、別れ話を切り出すも返事をもらうことができず、時間だけが過ぎていた。

17

😔 そんな時に決まって思い返すのは、かつて母親が自分に対して行って来た数々のこと。 それから、更に月日は流れ、京は38歳になります。

4

😊 伊勢崎と早智は人目のつかない公園へ場所を移し、早智はすべてを打ち明けます。 何度か女性と付き合うことはあったものの、どれも長続きはしませんでした。

💖 東京の電車に疲労困憊の後輩を、 「慣れだよ」と元気づける早智。 すると早智は、 「しばらくいいかな。 あの最後の手紙にも返事を返そうとしますが、その度に完成しなかった手紙が増え、今では彼女から貰った手紙以上になりました。

6

🙏 美鈴が京介の前に出て、誘いを断ります。 さっちゃん、僕は。

8

😎 この先まともな恋愛はできないかもしれないけれど、愛しているから受け入れるしかないと、ついにケジメをつけるのでした。

12

🤪 」を楽しむことができます。 さっちゃん、僕は。

4

👌 もう自分の元へは戻ってこない。

7