原状 回復 ガイドライン 2020。 原状回復ガイドラインとハウスクリーニングについて考えてみた

🔥 「賃貸住宅標準契約書」は1993年に作成され、反社会的勢力の排除や明渡し時における原状回復内容の明確化などを盛り込んで2012年2月に改訂されている。 だから、どこまでをもって「通常清掃」というのかが、時折解釈に悩みます。

13

😀 今回の民法改正で、借り主が負わなければならない義務の範囲が法的に明確になりました。

1

⚓ ガイドラインで原状回復とは、下記のように定義づけています。 戸建賃貸住宅の庭に生い茂った雑草 経年劣化と原状回復 原状回復費用は、経年劣化と通常損耗分は賃料に含まれるよいう考え方で差し引いてのが基本です。 2. 契約中の修繕に関わるルール 借りている部屋のトイレの水漏れやエアコンの故障、洗濯機や風呂の排水管が詰まったなど日々の生活にすぐに支障をきたすような不具合があっても、建物や設備の所有者は大家さんですので、入居者は勝手に修繕を行うことはできません。

5

🙏 ただし、その故障などについて賃借人に責任があれば、賃貸人に修繕義務はないことも明文化された。 「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン(再改定版)」(国土交通省平成23年8月。 汚れを放置してカビを発生させると借主負担• )がある場合において、賃貸借が終了したときは、その損傷を原状に復する義務を負う。

13

⌚ 貸主側も任せきりにするのではなく 書類を伴った定期的な報告を求め、十分に管理することが一戸建て物件では重要だと言えます。

15

😈 (1)借り主が貸し主に修繕が必要であることを知らせた(あるいは、貸し主が知った)のに、相当の期間内に必要な修繕をしないとき (2)急迫の事情があるとき 〈ケース1〉の場合、2週間以上たっても修繕に応じてくれていないので、「相当の期間」は経過していると言えますし、また、窓ガラスが割れていれば雨風が入り、生活にも支障をきたすので「急迫の事情」も認められ、修繕権が認められると言えるでしょう。 ・入居者さんが結露を放置したことで拡大したカビ・シミ オーナー様に通知もせず、かつ、拭き取るなどの手入れを怠り、壁等を腐食させた場合 室内と室外の温度差によって発生してしまう結露は、ガイドラインでは、結露は建物の構造上の問題であることが多いとされています。 ということになります。

💖 実務上では、クリーニング費用や畳の表替えの費用の負担を特約で記載しています。 これもピンときませんが、築10年の分譲マンションの場合は、数値が10万を超えるのが平均的らしいので、それに比べれて築15年で1万ちょっとは初めてです、と驚いていました。

4