土砂 災害 警戒 区域 横浜 市。 北日本 東日本 風雨強まる 揺れ強かった地域は土砂災害に注意

✋ に基づき、神奈川県により、本市の土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域が指定されており、以下のページで本市における土砂災害(特別)警戒区域等を地図上で閲覧することができます。 市街地農地等が特別警戒区域内にある場合、「土砂災害特別警戒区域内にある宅地の評価」の適用は受けられないのでしょうか。 その際は、近所の人や家族や親戚などと声を掛け合うことが重要だ。

16

⚓ ハザードマップで確認する ハザードマップとは、災害が発生した際に危険な地域や、避難場所などを地図にまとめたものだ。 ・崖のひび割れ ・崖から水が湧き出る ・地鳴りがする ・石などが落ちてくる ・湧水が止まったり、濁ったりする 地すべり 地すべりとは、斜面の一部や全部が地下水の影響により、下方向に移動する現象だ。

2

⚐ 北日本を中心に、暴風雪や見通しのきかない猛吹雪、いわゆる「ホワイトアウト」にも警戒が必要です。 大阪府• 避難基準については下記のページを参照してください。

4

👋 海に面した地域や沿岸部の低い土地では浸水の被害が出るおそれがあります。 宮城県• 特に北海道や青森県では16日、低気圧の接近と満潮時刻が重なる見込みで警戒が必要です。 賃貸物件が被害にあった場合、自分の持ち物ではないため引越せば済み、最悪家電や家具などは再度購入もできる。

18

😉 では、実際にどのように調べたら良いのか解説していこう。 避難場所を確認しておく 自分の住んでいる場所が、土砂災害警戒区域だったとしても、すぐには引越しできないという人も多いだろう。 横浜市でも土砂災害防止法に基づく土砂災害特別警戒区域内(いわゆるレッドゾーン)の指定が進んでいます。

17

🙂 土砂災害特別警戒区域に指定される 土砂災害警戒区域とは、土砂災害が発生した際に、住民の生命や身体に危険が及ぶ恐れがある地域のことだ。 206• 早めに避難できない場合は、避難場所のほかにも鉄筋マンションなど頑丈な建物で、2階以上の避難場所を確認しておくと良い。