思い出 の アルバム 歌詞。 思い出のアルバム 歌詞「二階堂和美」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

🤟 なるほど、納得できます。

♻ 1年の間に起こった事を思い出し、卒園して小学校1年生になる様子を歌っています、 卒園式の定番曲となっているそうです。 薄桃色の日差しの中で、それぞれの心のアルバムに育ちの跡が刻まれる。 これからは公園内で出会ったこどもたちのことが私の「思い出のアルバム」になりそうです。

20

👀 試聴する KKBOXを起動 思い出のアルバム 作詞:増子 とし 作曲:本多 鉄麿 いつのことだか 思いだしてごらん あんなことこんなこと あったでしょう うれしかったこと おもしろかったこと いつになっても わすれない 春のことです 思いだしてごらん あんなことこんなこと あったでしょう ぽかぽかおにわで なかよく遊んだ きれいな花も 咲いていた 夏のことです 思いだしてごらん あんなことこんなこと あったでしょう むぎわらぼうしで みんなはだかんぼ おふねも見たよ 砂山も 秋のことです 思いだしてごらん あんなことこんなこと あったでしょう どんぐり山の ハイキング ラララ 赤い葉っぱも とんでいた 冬のことです 思いだしてごらん あんなことこんなこと あったでしょう もみの木かざって メリークリスマス サンタのおじいさん 笑ってた 一年じゅうを 思いだしてごらん あんなことこんなこと あったでしょう 桃のお花も きれいに咲いて もうすぐみんなは 一年生. ご go 了承 ryousyou ください kudasai。

🙌 ご了承ください。

19

❤ 公園で時々会う園児さんたちの中には卒園式に向けてこの歌を練習しています。 会長のピアノ伴奏に任せ延々と・・。 母の年金に頼ったりしていた。

4

📲 少々遠方にいる長女の孫、即ち老生にとっては曽孫も5月には3人目が誕生します。

9

👎 紙一重のギリギリの生活を乗り越えてきました。 6 5 4 3 2 1 古いアルバムの中に 隠れて 想い出が いっぱい 無邪気な笑顔の 下の 日付は 遥かなメモリー 時は無限のつながりで 終わりを 思いもしないね 手に届く宇宙は 限りなく澄んで 君を包んでいた おとなの階段上る 君はまだシンデレラさ 幸せは誰かがきっと 運んでくれると信じてるね 少女だったと いつの日か 思う時がくるのさ キラリ木漏れ日のような まぶしい 想い出がいっぱい 一人だけ横向く 記念写真だね 恋を夢見るころ ガラスの階段下りる ガラスの靴シンデレラさ 踊り場で足を止めて 時計の音 気にしている 少女だったと 懐かしく 振り向く日があるのさ おとなの階段上る 君はまだシンデレラさ 幸せは誰かがきっと 運んでくれると信じてるね 少女だったと いつの日か 思う時がくるのさ 少女だったと 懐かしく 振り向く日があるのさ. 中学生になった長女から 厳しい母親とよく言われた」と話してくれました。

17

🔥 おめでとうございます。

8

😭 」 2007年8月に二木先生にお願いしてこの歌を収録していただき、じいじの膝に乗ってこの歌を一緒に歌った孫娘はこの春小学校3年生。

5