この サイト へ の 接続 では プライバシー が 保護 され ませ ん。 「この接続ではプライバシーが保護されません」(自分のサイトが表示されない時の対処法)

⚒ しばらくするとページにアクセスできるようになります。 Chrome のブラウザでページを普通に表示させたら、右クリックなどでメニューを表示させて「 検証」を押します。 SSL化することで重要な情報を盗まれたりするのを防ぐことができます。

🎇 「危険なサイトからユーザーとデバイス」をオフにします。 なのでA支店には「Googleクロームのバージョンが最新になってるか確認」を指示。 226]に ping を送信しています 32 バイトのデータ: 要求がタイムアウトしました。

4

🐝 各ブラウザの警告文の意味を解説 SSL通信に失敗した場合、ブラウザごとに異なる警告文が表示されます。

2

😎 対処2: ネットワークを変更してみる デバイスが接続しているネットワークの構成に問題があり、Chromeの警告が表示されるケースがあります。 混合コンテンツはブロックすると Google が発表 段階的にですけど、「混合コンテンツ」はサイト内においてブロックすると Google が発表しました。

20

👉 今回警告が出ていた該当サイトの場合、SSL化後に書いたブログ記事内の画像などは警告が出ていませんでした。 対処3: デバイスの日付と時刻を合わせる 「この接続では~」の警告文が表示される場合、実際の日時とデバイスの日時がずれていることも影響します。

7

♥ アクセスが終了した後は、忘れずにセキュリティソフトを有効にしておきましょう。

7