メッキ 剥がし。 サンポールとか使えばメッキを剥がせるということでしたが駄目でし...

⚡ メッキパーツはこのように「3層のコーティング」によってつくられています。

12

📲 またまた趣味ネタです。 リクロームメッキ後 再メッキ にメッキングを施せば、より効果的が得られます! 失敗の原因と、正しい作業手順をお教え頂ければ幸いです。 あるのは全方位用の カバー、マーク S 72140-62R20-C48 で、リヤエンブレムは、 77811-54GC-0PG エンブレム、マークS ここから考えられる事はイグニス製造過程ではコストの関係から品番は一緒だが、単価の安いモノを一部使用して、流通パーツは黒に統一してんのかな?と思った。

6

😝 ハイターの原液は濃いので、水で2倍~3倍に薄めます。

14

⌛ 完全には剥がれないのでしょうか? でもコーラでメッキが剥がれて行くっていうのは衝撃的です!(笑) 僕、ペプシ派なんだよねという方のためにペプシコーラでも検証! ついでにペプシコーラではどうなのかも検証(笑) (ちなみに私はコカコーラ派!) そのままだと多分ダメなのでいきなりメッキ状態から検証! こちらも紙コップの底に両面テープを貼ってパーツを固定しています。 といったことを確認しつつ、ボルトやナット、ワッシャーなどの寸法を計測して、分解したときと同じように、使われる場所ごとに分けた。 全体的に明るくなりました。

12

👣 亜鉛めっき• あと、あった方が良いのは薄手のゴム手袋です。 塩素系漂白剤(今回はキッチンハイターを使用) この2つをまず用意してください。

4

♻ 金属部品の表面に電気科学反応で金属のクローム皮膜を定着させるメッキは、塗装と同じく表面保護技法の一種だが、金属により皮膜であることから塗装に比べて表面硬度が高く耐久性も高いというのが一般的な認識である。

12

⚠ さて、今回も一気につないで音出しです。

4

🐲 一番上から、「クリアーイエロー層」「メッキ層」「クリアー層」の順に塗装されているという感じです。 リヤエンブレム 裏側には…「54GC」!? 一緒ってこと? パーツカタログではフロントエンブレムの品番は存在しないんですよ。

3