球形 の 荒野。 球形の荒野

😎 そして、その人物の事を、野上が嗅ぎ付けたのではないかと言うのだった。 しかし、野上は明後日フランスに帰ると答えるだけ。

😅 ただ小説として面白く読んでも、こんなことが実際にはあるのか無いのか、そこまでは頭が回らなかった。 その父は映画では芦田伸介が演じ、娘は島田陽子、婚約者の記者は竹脇無我だった。 その後、改めてかかって来た電話に出た久美子は、聞き覚えのない声で「お父さんから連絡あったか?」と意味不明の言葉を一方的に言われ、電話はすぐに切れてしまう。

🤫 添田は、当時野上の部下で、現在外務省欧亜局課長の村尾、当時現地の特派員で公使館に出入りしていた滝に会ったが、不思議に二人とも反応は冷淡だった。

13

😀 翌日、久美子は添田を伴って筆跡の確認に向かうが、その部分だけが破りとられていた。 古風な躾で育てられてきた。 添田は、野上の元部下を回って、当時の日本外交を調査しようと考えた。

🙄 その日、帰宅した久美子は、複雑な思いで、母親の姿を見つめていた。 今はまずい、私はあなたを死なせたくないと武井は、伊藤の独断専行を戒めるが、伊藤は「やつだけは許せん」と聞く耳を持たなかった。

20

🤲 野上は戦時中、伊藤から聞いた情報を洩らしたために、伊藤の部隊は全滅してしまったからだ。 303• その頃、ミヤコホテルのヴァンネードの部屋に、滝が一人で訪れて来る。 伊藤はその後、客席に来ていたもう一人の男に近づき、「久しぶりだな、角田君」と呼び掛ける。

4

🤭 彼女は、添田が歌舞伎座に来ている事を知らなかったのだ。