17000 系。 有楽町線・副都心線の新型車両、東京メトロ「17000系」がお披露目

😃 また、走行中の機器状態を総合指令所や車両メンテナンス担当部署から遠隔でモニタリングする、車両情報監視・分析システム TIMA を導入している。 誘導障害試験 保安装置・踏切などが正常に動作を確認するかを確認する試験です。

☺ その後のスケジュールは2021年4月に10両編成の搬入が完了、同5月には8両編成搬入開始され、2022年度中には全車搬入完了の予定となっている。 7 (10両編成) 車体長 先頭車:20,470 mm 中間車:20,000 mm 車体幅 2,800 mm 車体高 3,635 mm 床面高さ 1,140 mm 車体 () FS781形 全密閉式(PMSM) 主電動機出力 205 kw 駆動方式 7. モノトーンを基調とした車内。 ちなみに号車表示も可能となっています モノトーンでスタイリッシュさを追求 車内は、モノトーンを基調にラインカラーを使用し、スタイリッシュさを追求したデザイン。

1

😊 2021年4月までに10両6編成、2022年度までに8両15編成の導入を完了する。 それゆえに試験が念入りに行われる傾向が強かった副都心線系統ですので、これまで以上に慎重さを求める……という方針からこれだけの期間を設けたこと自体は妥当と言えそうです。

19

👐 一方で、18000系は08系をイメージしたのか、13000系のようなLED照明ならではのカッコいい前面形状で2021年度導入開始となっています。 また、貫通引戸や袖仕切り、荷棚に透明な強化ガラスを採用することで車内の開放感を高めている。 他方、17000系は有楽町・副都心線向けとしている点や、8000系の初期車が7000系の8両編成より修繕時期が古いことなどに疑問符は残ります。

16

😎 相鉄線と埼京線を直通する相鉄12000系電車。 扉上に設置された車内情報表示器。 デビュー初日の21日は第一編成の17101F編成が、新木場午前7時21分発の列車として和光市まで運行された。

12

💅 メトロ側についても8000系の後期車両11編成・08系6編成・18000系8編成という中途半端な布陣にするとは考えにくいですね。 駆動機器には高効率なPMSM(永久磁石同期電動機)を採用したほか、走行しながら車両の機器状態をモニタリングする「TIMAシステム(車両情報監視・分析システム)」を導入するなど、安定性・安全性も向上させている。

20

😀 翌18日の10時20分頃に東海道本線の名古屋駅を通過し、1月19日未明の2時20分頃には常磐線の綾瀬駅に到着の見込みだ。 ただ、運転室の内部を見たところ、将来的には対応できる路線を増やそうとしているのではないか、そう思えるポイントは、いくつかあった。 AE100形と同様に地下鉄乗り入れを想定して先頭部にドアを設けた西武鉄道001系「ラビュー」。