わたし の 幸せ な 結婚 小説。 わたしの幸せな結婚(小説)2巻のネタバレと感想・結末【美世が異能を発動?薄刃家の中でも厄介で強力な力とは!?】

😎 music. この4巻では、今までなかった、 清霞への心情が浮き彫りに描かれていました。 今までは、美世の方から、 『旦那様にふさわし淑女でなければならない。 しかし香耶は諦めず、幸次の父で美世が受け継いでいる薄刃家の血を狙う辰石の下を訪れ、協力を求めました。

14

☏ ) ひとりの女性をめぐり、イケメン2人が戦うという萌えな展開に…。

♨ 鶴木新の本当の名前は薄刃新。 そして、 気になるのが、 甘水直という人物。 そして以前、斎森家の屋敷で目にした清霞の姿でした。

😜 そして…。 美世の誘拐もそうです。

😙 優しく、温かい…。

11

😀 流れとしては下記の通り。

19

☏ わたしの幸せな結婚(小説)4巻の結末 甘水直が言った贈り物とは、 帝都外の廃寺で任務を 遂行してい五道達への襲撃だった。 そんな新の話に、 甘水直は大声で笑いだす。

2

🤔 漫画から読んだから原作どうかと思ったけど、原作の文章滅茶苦茶好きだわ…読後感がスッキリしてていい。 すると。 『嫌わないでほしい…』 という清霞が印象的です。

2